ホーム > コラム > 中小企業を救う「いざという時のための簿外資産(≒解約返戻金)」を保険で貯める!

コラム

中小企業を救う「いざという時のための簿外資産(≒解約返戻金)」を保険で貯める!

今回は、「節税」についてです。

中小企業経営者で、「節税」について興味をもっていない方はいないと思います。

しかし、中には「税金を払わないと会社にキャッシュが残らない」と言う考えをお持ちの方も多いと思います。

でも、税金を払わずに会社にキャッシュが残る方法があれば、その方法を聞いてみて、導入を検討してみようと考えるのではないでしょうか?

そこで、今回はその方法をご紹介いたします。

そもそも、会社にキャッシュを貯めるには、“税引き後”の利益から内部留保することになります。

しかし、法人保険を有効活用すると、“税引き前”の利益から会社にキャッシュを残せます。

“税引き後”利益からの貯蓄と、”税引き前”利益からの貯蓄では、どちらがより多くのキャッシュが貯められるかは、ご理解いただけるかと思います。

では、なぜ、このようなことが可能かと言いますと、ある法人保険を活用しますと、その支払う保険料のうち、全額もしくはその一部が、会社の「経費」にすることが可能だからです。

 

「経費」計上していますので、その貯蓄されているキャッシュ部分(=解約返戻金)は、決算書の貸借対照表には、記載されないことになります。これが、「簿外資産」になります。

また、法人保険も生命保険の一種ですので、以下のようなメリットもあります。

・ 経営者や役員の事業保障資金、死亡退職金としての活用できる

・ 予備資金や生存退職金を積み立てる方法として活用できる

・ 緊急時に解約返戻金を担保に、無審査で契約者貸付制度を活用できる

・ 決算月の一括支払い(キャッシュ・アウト)にも関わらず、前払い保険料として保険料の全額、またはその一部をその期内に経費計上できる

以上のように、法人保険をうまく活用すれば、他の節税対策では得られないメリットがあり、「節税」をしながら「簿外資産」を貯めることが出来るのです。

私たちは、様々な角度から中小企業をサポートさせて頂いている会社です。    生命保険を活用した効果的な「節税」をご検討の方は、今すぐご相談下さい。

あなたの悩みをご相談ください(初回相談無料)

TEL:06-6243-3400 電話受付時間 平日 9:00~18:00 お問合せフォームはこちら

オール・ワン FACEBOOKはこちら

ページの先頭へ